Not Available

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年05月30日

■2011年に計算能力が1秒当たり1京回のスーパーコンピューターの開発計画
国内最速のスーパーコンピューター「地球シミュレータ」を上回る世界最高性能の次世代機を産官学が共同開発する。計算能力は1秒当たり1京(1兆の1万倍)回が目標。「世界最速」を武器に、分子レベルの化学反応から地球規模の自然現象の研究まで幅広く活用する狙いで、日本の研究開発力の向上につなげる。NIKKEI NET

NEC、日立製作所、東京大学、九州大学、理化学研究所などが1000億円をかけて開発するそうです。

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 厚生労働省が日本脳炎の予防接種中止を勧告 | Blog TOP | 地方制度調査会が5つの道州制案を提示 >>

NOTEnet NEWS Writers

エントリー検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。