Not Available

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年12月24日

■ビデオゲームに関する8つの神話
アメリカの非営利テレビネットワークのキー局であるPublic Broadband ServiceのWebサイトに、MITの教授である Henry Jenkins 氏によって書かれたReality Bytes: Eight Myths About Video Games Debunkedというタイトルの記事が掲載されています。ビデオゲームに対する一般人の認識と実際のリサーチの差を解説した記事で、KCTS Television制作によるThe Video Game Revolutionという番組のために書かれたエッセイであるらしいです。面白い内容なので翻訳してみます。Stack-Style

以下のの8項目には「無根拠」、「思い込み」、「過去はそうだった」と言った感じで現在には当てはめられません。

1.ビデオゲームの登場により、若者に暴力行動がひろまった。
2.暴力的なゲームで遊ぶことと若者の攻撃性のあいだに関連を見いだした科学的な証拠がある。
3.子供はビデオゲームの主要な消費者である。
4.コンピュータゲームをプレイする女の子はほとんどいない。
5.ゲームは兵士が人殺しをする訓練に使われているのだから、それらをプレイする子供にもおなじ影響をあたえるはずだ。
6.ビデオゲームは意味のある表現の形式ではない。
7.ビデオゲームで遊ぶと社会的に孤立する。
8.ビデオゲームで遊ぶと感情が抑圧される。

Stack-Styleビデオゲームに関する8つの神話

スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< HIGHWAY61の楽曲「サヨナラの名場面」は中島みゆきの楽曲「ファイト!」を盗作していたそうでCDを回収 | Blog TOP | ウサマ・ビンラディンの姪のワファ・ドゥフールがGQのグラビア披露 >>

NOTEnet NEWS Writers

エントリー検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。