Not Available

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年04月03日

■腰痛める、歳を感じる
金曜の夜、とあるクラブイベントに行く前に一人で軽く前呑み。
それでも開場まではかなり時間があったので漫画喫茶で時間潰しに。

渋谷の漫画喫茶に行ったんですが他の人に流されて一つ上の階まで行ってしまい、非常口から目的の階へ。
階段をツッタッターと下りていたら階段を踏み外し、掴んでいた手すりを利用してギュンっと体勢を整えようとしたその瞬間、腰がピキィーってなってそれ以降動けなくなり、階段でうずくまるオレダサス。

数分たって痛みが峠を越した頃にはイベントを諦め、お家へ帰ろうと渋谷駅に向かったものの足を踏み出すごとに鈍痛。そして鈍痛のたびに右足痺れるを繰り返す。

満員電車で立っているのもままならず、地元の駅に着いた頃にはあまりの痛みでボーっとしてきてこのまま失神でもするんじゃないかと思うほどに。
国道まで出てタクシーでお家に着いたワタシは痛み止めを通常の3倍ほど服用し、常に膝を抱えて体育座り、寝る時も布団の中で体育座り。

そんな金曜の夜を過ごして土曜日も安静にしていたら日曜日にはほぼ痛みも引いて現在はちょっと違和感がある程度まで回復しました。
こういうのを歳をとるというのでしょうかね。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 北川弘美(25)B85・W59・H85 | Blog TOP | メジロマックイーン死亡 >>

NOTEnet NEWS Writers

エントリー検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。