Not Available

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年04月27日

■中国の国鳥選び、一番人気のタンチョウヅルの学名が「グルス・ヤポシネス(日本の鶴)」だからイヤだ
中国の国鳥選びが日中問題に発展しそうだ。中国国家林業局が10種の鳥を国鳥候補として、インターネット投票したところ、圧倒的多数の支持によりタンチョウヅルを選んだが、思わぬ反発を食らった。学名と英語名が「日本のツル」を意味することから、インターネットの掲示板上で、中国国民から「不的確だ」「日本の鳥はいやだ」などの書き込みが殺到しているという。中国の国鳥選びは候補が定まらず難航しそうだ。nikkansports.com
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< JR東海、2025年までにリニアモーターカーの営業運転目指す | Blog TOP | ザトウクジラやミンククジラが絶滅危惧種から除外され低懸念種に >>

NOTEnet NEWS Writers

エントリー検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。