Not Available

--年--月--日

■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月02日

■壊死部位をウジ虫に食べさせる「マゴットセラピー」
糖尿病などで足が壊死(えし)する「難治性潰瘍(かいよう)」で切断しか治療法のない患者に、岡山大の三井秀也講師(心臓血管外科)が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められていることが30日、分かった。Sankei Web
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

<< 女性が閉脚腹筋運動時にえられるコアガズムとは? | Blog TOP | 松本人志監督の映画「大日本人」がカンヌ国際映画祭「監督週間」に選出 >>

NOTEnet NEWS Writers

エントリー検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。